関東の潮干狩りで有名なところ

関東の潮干狩りで有名なところ

潮干狩りと言えば、家族揃って楽しめる遊びとして毎年の恒例行事となっている御家庭も多いのでは?
小さなお子様でも安全に遊べる潮干狩りは、初夏の家族のレジャーとしては最適ですね。
全国何処でも楽しめる潮干狩りですが、関東で潮干狩りが楽しめる有名な場所と言えば、どの辺りがあるのでしょう。
まず、無料で潮干狩りを楽しむ事が出来るのは、神奈川県横浜市にある「海の公園」です。
こちらは、横浜市が管理している臨海公園なので、いつでも自由に砂浜の貝を採る事が出来ます。
採れる種類は、主にアサリ、シオフキ、カガミガイ、マテガイ等。
ただし、幅15cmを超える貝採り器具の使用や2cm以下の稚貝の採取は禁止等の採取規制がありますので注意して下さい。
採る量は1人2kgまでですが、天然発生している貝ですので、必ず一定量が採れるとは限りません。
次にお勧めの場所は、千葉県富津市にある「富津海岸」です。
こちらは、東京湾内では最も早く潮干狩りが楽しめる場所として有名で、外海にも近い事から海水がとてもキレイな場所です。
採れる種類は、主にアサリとハマグリで、アサリは身がぷっくりとしていてとても評判が良いですよ。
料金は、中学生以上の大人が網袋付約2kg付きで1600円、小学生の子供が網袋付約1kg付きで800円です。
富津海岸は無料の駐車場も完備されていて、テニスや海水浴、ジャンボプール等の観光施設もあるレジャーランドですので、潮干狩り以外でも家族みんなで楽しめる場所なのではないでしょうか。