東北の潮干狩りで有名なところ

東北の潮干狩りで有名なところ

海の楽しみ方は人それぞれですが、春の海遊びはなんと言っても潮干狩りで決まり、と言った方も多いのではないでしょうか。
東北地方には、有名な潮干狩りのスポットが沢山存在しています。
それでは、人気のスポットを挙げてみましょう。
美しい景観を楽しみながら潮干狩りが出来る場所と言えば、宮城県東松島市の「奥松島」です。
こちらの波津々浦湾沿岸は、県外からも毎年多くの家族連れが訪れる人気の高い潮干狩りスポットで、3月から楽しむ事が出来ます。
粒が大きく身のしっかりした美味しいアサリを採る事が出来ますよ。
潮干狩りの料金は、中学生以上の大人が1000円、小学生が500円です。
駐車場は100台停める事が出来、無料と言うのも嬉しいですね。
4月上旬から5月下旬頃まで潮干狩りが出来るスポットが、宮城県亘理郡亘理町荒浜の「鳥の海」です。
潮干狩りが開催されている期間中は、多くの家族連れで常に賑わっている人気の場所となっています。
料金は、中学生以上の大人は2.5kg以内で1000円、小学生は1kg以内で500円、網袋が付いてきますよ。
アサリやハマグリと言った貝も採れますが、食用には向かないベタガイが採れる事もあるので注意が必要ですね。
クマデは現地でも販売されていますが、数量限定ですから忘れずに持参するようにしましょう。
無料の250台収容出来る駐車場が完備されていますので、何かと荷物が多くなっても安心ですね。